令和2年7月豪雨から1年。

令和2年7月豪雨から1年が経ちました。甚大な被害に遭った天ヶ瀬温泉街ですが、復旧・復興に向けて進む1年でした。

この1年の間に、多くのボランティアの方々が天ヶ瀬温泉街を訪れ、復旧作業、そして復興に向けて力を貸してくださいました。被災した旅館さんからは、「ボランティアさんは本当にありがたかった。泥出し作業など人手がないと無理だった。」との声が多く聞かれました。

そして、大学生さんを始め、多くの方が被災後から天ヶ瀬温泉のこれからを支えてくれようと力を貸してくださり、温泉街に明るさと希望を与えてくれました。

また、案内所にもお電話などでも励ましや応援のお声をたくさんいただきました。

この1年間、本当に多くの方からのお気持ちやお力をいただき、深く感謝申し上げます。これからも天ヶ瀬温泉・天ヶ瀬温泉街を温かく応援していただければ嬉しく思います。

今年も豪雨により被害に遭われた町があり昨年の豪雨を思い出し心を痛めています。被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。日本全国・世界中でこれ以上災害がないよう、災害で悲しくつらい思いをされる方がいないよう祈りたいと思います。

この1年にご紹介した温泉街の被災した旅館・共同露天風呂などの状況をお伝えしたブログのリンクを付けています。

■天ヶ瀬観光ホテル成天閣
■天ヶ瀬観光ホテル成天閣の吊り橋
■華水
■丸山荘
■湯の香荘
■日田屋
■天龍荘
■本陣
■駅前温泉
■薬師湯
■神田湯
※湯船にお湯は入っていても設備面等での調整中のため利用再開のご案内のタイミングが難しく正式な利用再開日は不明ですが、現在は利用再開となっています。
■鶴舞の湯
■益次郎温泉
※令和2年8月に再開し、その後温泉の調整のためしばらくご利用できませんでしたが、令和3年6月に利用再開となっています。
■天龍荘前の足湯
※8月に復旧後、秋頃から温泉の調整のためしばらく利用できない日が続いていましたが、6月頃からまた利用できるようになっています。
■田代屋
※令和3年7月31日に営業再開!
■つたや天瀬店
■天ヶ瀬橋

自らも被災した若者達が天ヶ瀬温泉街の未来のためにと立ち上がった団体、「あまみら」(天ヶ瀬温泉未来創造プロジェクト)の災害直後からの活動には目を見張るものがありました。

災害後、明かりのなかった夜の温泉街に竹灯籠設置
お惣菜販売
薬師湯復旧
写真展
あまみらカフェ
お餅つき
川湯の幟旗設置
つづみの改装

個性的なあまみらのメンバーの活躍も温泉街に大きな支えとなり笑顔を運んでくれました。
これからもあまみらの活動にご注目ください。
■あまみらのfacebookはこちらから。

旅館等の営業などについて情報は以下からご確認ください。
★天ヶ瀬温泉 旅館等の営業について
★日帰り入浴について
★滝についてのご案内